こんな夢を見た。

昨日見た夢の話。夢日記。

29歳がシン・エヴァンゲリオン劇場版:||観た。

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||を観てきた。

 

1991年生まれ29歳の私がエヴァンゲリオンを最初に見たのは確か、14、5歳くらいだったと思う。当時の私はBUMP OF CHIKENにハマっていてアルエという曲が綾波レイを題材にしているという情報を得て、好きな人が好きなものは面白いに決まっていると、とっかかりはそんなんだった気がする。


BUMP OF CHICKEN「アルエ」

当時は世間的にまだアニメが今ほど受け入れられていなく、ちょうど電車男が話題になってアニメ=オタク、オタク=社会不適合者みたな偏見があったと思う。また、地方に住んでいたので深夜アニメも全くやっていなかった。私の家はケーブルTVに加入していたのでアニマックスを見ることができた(とは言ってもアニマックスでは最新アニメというより、昔のアニメを永遠垂れ流しているだけだった)。同じ境遇の人達とはたまにアニメの話をしていたが当時はアニメよりジャンプに夢中だったし、自らアニメ大好き!と語るような今で言うアニヲタは少なくとも私の中学校にはいなかった。

私は中学時代サッカー部に属していた。キャプテンも務めたし所謂イケてる側の人間だったと思う。ただ、私には小学校からの友達でパソコン大好きなX君がいた。X君は小学生から2chが大好きで、X君の家に行くと2人で2chを見たりしていた。そんな背景から私は2chやアニメなどに全く偏見は無かったし、幸い私の周りは同じように偏見を持つ友達はいなかった。ただ、エヴァの話をしたかは覚えていない。

f:id:sugarlessmint:20210308193047j:plain
f:id:sugarlessmint:20210308193059j:plain
f:id:sugarlessmint:20210308193106j:plain
少年ジャンプ2006年09号

高校に入ると、部活に入らずアルバイトをした。当時、アルバイトで溜めた金で自作PCを組んだ私は2chまとめサイトを巡ったり、動画サイトでアニメを見まくった。

そんな頃、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」が公開された。劇場には見に行けなかったが、特装版DVDを買う事が出来た(特典の生フィルムは、エスカレーターでシンジに綾波がビンタするあたりの綾波のカット)。旧劇場版にボロボロにされた私は、また新しいエヴァをリアルタイムで見ることができる!と興奮していた。これを機にPCでエヴァの世界設定等を調べ尽くすこととなった。

2年後、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が公開された。私は公開初日に友人とバイクで観に行った。長蛇の列に体育座りで並んで何とか座席を確保したのを覚えている。観終わった後は興奮しっぱなしだった。友人と感想を言い合いたかったが、友人はバイトがあると、そくさくと帰ってしまった。点数を付けるなら100点。期待していた通りの面白いヱヴァンゲリヲンだった。初回生産特典付Blu-rayもモチロン買った(生フィルムは覚醒した初号機を解説するリツコのカット)。序、破ともに何回観たか分からない。リボルテック等のフィギュアも買いまくった。

そして、3年後「 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が公開された。

この時の私の気持ちはこのスレが代弁してくれている。Blu-rayは買った。観てはいない。

【映画ネタバレ注意】シンジ「なにがQだよ!!」:キニ速

この頃から、世間にスマホが浸透してきたと思う。そして同時期、私はまとめサイトもアニメもあまり見なくなった。理由は社会人になって周りから友達がいなくなり、アニメや漫画の話をしなくなったからだと思う。そして気付けば9年後、29歳になっていた。

コロナウイルスの流行に伴う外出自粛と在宅ワークで人との交流が無くなり、私は家に引きこもっていた。テレビも付けないしPCもまともに開かない。自分にとって必要な情報だけを取り入れ、たまにTwitterを開く日々。そんな中「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の公開日が決まった、と言う情報を得る。エヴァか、せっかくだから観に行くかとネットで座席を予約し公開日を待った。前情報を入れることも今までの劇場版を見返す事もしなかった。そこまでの熱はなかった。

 

そして今日、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||を観た。

観終わってまず思ったことは「ああ、やっとエヴァンゲリオンが終わってくれた」と言う事だった。正直心から、面白かった!最高だった!とかは思わなかった。もちろん声優は最高だったし(マダオがちらついてしまったが)、BGMも最高だった(特にエヴァが突撃する時に流れたギターから入るBGMはシビれた)、宇多田ヒカルのED曲も鳥肌がたった。ただ、ゲンドウの思想は理解不能だしストーリーは予想のつく展開だった。新しい固有名詞もなんか、しゃら臭いなって思ってしまった。昔なら新鮮に感じた演出(シリアスなシーンでポップな音楽を流したり、絵コンテや下書きのカットが入る等)も「ああ、いつものパターンか」と思ってしまった。9年と言う歳月は私がつまらなくなるのに十分な時間だった。決してエヴァがつまらなかったのではなく、私自身がつまらなくなったんだ。昔の自分なら感動していただろうし考察ブログを見て解釈を深めたと思う。見終えた今、複線や世界設定を調べるつもりもないし、そんなことは私にとってどうでもいい事だ。だけど、シン・エヴァを観てよかった。エヴァンゲリオンが無事、終わってくれてよかった。心からそう思う。

 

【終劇】

 

春よ【夢日記】#220

グラウンドで球速を測っていたので参加した。
どうしても100キロ出したかった私は滅茶苦茶気合いが入っていて、ストレッチやフォームの確認には余念がなかった。
いよいよ自分の番がまわってくると、そこは教室だった。球はトランプで「何としてでも後ろの壁には当ててやる」という気持ちになっていた。
教室の前の教卓の方へ向かう時、私は一発みんなにカマしてやろうと、片手でトランプを空中にバラまくヤツをやった。友達数人にはウケたが他の連中はスマホをイジってシラケていたのでそくさくと床にバラまかれたトランプを拾おうとした。
ふと、辺りを見回すと椅子に座っている女の子のお尻から白がはみ出ていた。
「パンツ見えるやん」
バレないように視線だけを動かし獲物を確認する。
「パンツ見えるやん」
2人の白とピンクを確認し何事もなかったようにトランプをまとめ、いよいよトランプ投げを始めると、私はなかなか筋が良く難なく後ろの壁へ当てる事ができた。
グラウンドへ戻ろうとしていたら、途中の駐車場でオッサンから襷を掛けられて、「あとは、よろしく」とその場から走り去ってしまった。
「襷は繋がなきゃマズいな」と感じた私は、校舎の外周を走っているランナー達に混じって走り始めた。
校舎の中に入り自分のクラスの前を過ぎようとした時、友達が「前のほうの階段でAがゲロ吐いたらしいよ」という情報を入れてきた。私は無視をしようとしたら正面にAがいた。
慌てて左に曲がろうとしたら、後ろからAが追って来た。100メートルくらい離れていた筈なのに気づいたらすぐ後ろまで迫っていた。
ヤバい、捕まる。というところで目が覚めた夢。 

ーーーーーー

2,3ヶ月前くらいから不眠症気味になってしまって、うまく寝れてない。

 


f:id:sugarlessmint:20210308065517j:image

 

一家団欒【夢日記】#219

母と冷凍の焼きおにぎり6個を、どう並べたら効率よく温められるかを話していた。
私は手元で麻雀をやり、あたり牌を待っていた。何故か1対1で行われている麻雀で手牌は悪くない。リーチで待つ私と知らないおっさん。とうとう当たり牌である、四索を引きバチンとあがり、15万円をおっさんから巻き上げた。
父親が何故か不機嫌で、何かブツブツ言ってくる。それに対して、私は母親と発見した、焼きおにぎりを六芒星の頂点に置いて温め、父親に食べさせる夢。

 

ーーーーーー

俺んちフェス【夢日記】#218

実家で音楽フェスをやる事になったので、とりあえず母親と部屋の掃除をすることになった。
会場である自分の部屋のキャパは1000人位のステージになっていた。気づいたら本番になり、印象に残ったのはヒョロヒョロのサラリーマン「まんなか」、彼が歌い終わると王蟲に担ぎ上げられたナウシカの様に客のまんなかで神になったシーン。
もう一つは、女の子のシンガーソングライター「ゆみこ」が歌っている時、客席から「ゆみこ結婚してー」と言う女の子の声援に応えて、ステージに上げた。
ゆみことファンの女の子はおもむろにパンツを脱ぎ始めて交換し始めたシーン。
とりあえずフェスは大成功に終わり、ホッとした夢。

 

ーーーーーー

俺の髪はキマっているかい?【夢日記】#217

バスに乗る前は、大きな荷物の中からダウンジャケットを取り出したかった。
バスに乗ると、乗客はほぼ満員。
髪をワックスでバッチりキメて、隣に座った友達と話す。「ルフィって今、ゴムゴムのピストル使ってる?」
気がつくと外は雨が降っていた。
髪が崩れるな、と思った夢。

 

ーーーーーー

VR逃走中【夢日記】#216

携帯の時計を見るともう10時、遅れる旨をメールで伝え、急いで友達の家に行くと友達5,6人と知らない人が数人いた。そこらへんにあったSwitchを拾い、適当に対戦していたら、友達の親戚一同が部屋に入ってきてややこしいことに、私は隅の方で違うゲームでもしようとしたら友達が二人でやろうと提案してきたので快く受け入れた。ゲームを起動すると、学校に飛ばされた。
状況を飲み込めなくて、あたふたしていたら、仲間と思われる女に武器を探せと怒鳴られた。必死に探していると、明らかに私達を殺そうと敵が追いかけてきた。必死に逃げて、チャイムがなったら、どうやら昼飯の時間で、学校を建設している宇宙人が泥浴びをしたり、陽気な人が踊り出したりした。グラウンドへ行くと、4面の野球で15人くらいがすべてを使って必死に野球をしていた。私も加わろうと、フェンスに掛けてあった天狗のお面をつける夢。

 

ーーーーーー

林檎と葡萄【夢日記】#215

ピッチャーマウンドで松井秀喜イチロー、どちらかと対戦することに頭を悩ませていた。
結局、松井秀喜と対戦することになったのだが姿を表さず不戦勝となった。
ベンチに帰ろうとすると、何やら騒がしい。
どうやら告白大会をしているようだ。
告白の方法は、まず城壁のように高いベンチから約10メートル下の海に飛び込み、好きな人の名前を叫ぶと言う方法だった。
私も好きな人に思いを伝えようと、海に飛び込む。
「葡萄ちゃん、好きです!」と叫ぶとベンチからブーイングが起こる。
何故か猛烈に恥ずかしくなった私は思わず、
「いや、やっぱり林檎ちゃんが好きです!」
本当は葡萄ちゃんが好きなのに、周りの目を気にして自分を偽ったことに残念な気持ちになる夢。

 

ーーーーーー