こんな夢を見た。

昨日見た夢の話。夢日記。

「めちゃイケ」が終わるらしい。

芸人が一軒家を借りてハチャメチャなドッキリを仕掛ける企画を一緒にやっていた、ベットをぶった切ったり、トイレぶっ壊したり、そんでケンコバの実家に行ってトイレを借りたら近くの体育館に繋がっていた。中でプロレスをやっていたんだけど、謎のモンスターが現れたのでドラッグオンドラグーンみたいに竜にのって敵を倒していった、残り3匹になったところで全然攻撃があたらなくなって、なんか気持ちが萎えた夢。

 

ーーーーーー

めちゃイケ」が終わるらしい。最近「いいとも!」がおわったりSMAPが解散したり、自分が子供のころからあった物がどんどん無くなって行く。

特別めちゃイケが好きなわけではないし、最近は全然観てなかったけど、それでも子供のころから当たり前のようにあったものが無くなっていくのは悲しいもんだ。

この先テレビと言う媒体は衰退していってしまうのだろうか。インターネットが発達したおかげで、自分の好きな時間に自分の好きな動画を見たり、音楽を聴けるようになって来た。自分が面白いと思うものが無かったら自分で番組だって作れるわけだし。その分面白いかどうかも分からないテレビに割く時間は大分減ると思う。

私が学生の頃の休み時間は「昨日あれ観た?」って話題だけで盛り上がっていたのに、今はそうじゃないのかな。学校でスマホの動画見ながらワイワイできるんだもん。そしたらリアルタイムで感情を共有出来るわけだし。学校から帰ってもlineで動画を共有できるんだからテレビなんて必要なくなってくるよ。

これから産まれてくる子供たちは「いいとも!」もSMAPも知らないんだもん、「~してくれるかな?」「いいとも!」って言うやり取りとかできないし、テレビで中居とかキムタクとか出ても元SMAPになっちゃうんだもん。そういう国民全体の共通言語みたいなのが少しずつ失われて行って色んな番組とか芸能人がいなくなったら少し寂しいな。

私の夢のひとつに子供と一緒にクレヨンしんちゃんの映画観に行くっていうのがあるので。その時までは終わってほしくないな。