こんな夢を見た。

昨日見た夢の話。夢日記。

プロレスについて

プロレスを見に行ったらロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのBUSHIが急に新日を辞めて違う団体に行った。パソコンでその後BUSHIはどうなったのかを調べたのだけど全然でなくて、たまたまテレビでやっていたお笑いプロレスにBUSHIが出ていて普通にプロレスしていた夢。

 

ーーーーーー

社会人になってからプロレスを見るようになったんだけど、滅茶滅茶面白いんだよね。でも、プロレスについて語りたいのに周りにプロレス好きな人がいなくて少し悲しい。少しだけプロレスについて書いていこうと思う

 

・プロレスは化物達のカーニバル

総合格闘技K-1、ボクシングも確かに面白い。僕もテレビで格闘技がやっていれば必ず観る。この前の村田の試合とか、那須川天心のこれからにワクワクしている一人でもある。ただ、それはスポーツと言う枠の中で。昔ケンコバがプロレスについて、俺達は化物達のカーニバルをみたいんだ!となんかの番組でいっていたけど、スポーツを超えたエンターテイメントとして僕は楽しんでます。

 

・攻防はターン制

プロレスの攻防は非常にわかり易い。技を掛けている人と、技を受けている人、それだけ。これが総合格闘技だったら、あの間合いの取り方がとか、あのジャブの打ち方がとか、試合の中で攻防が流動的に変わっていく。もちろんプロレスにも細かい技術とか色々あるんだろうけれども、プロレスを楽しむ上では特別必要なものではない。プロレスには受けの美学と言うものも有り、物凄い攻撃をするのはもちろんすごいけど、その攻撃を受けきるのもスゲエっていう価値観がある。このおかげで、技を受けている方にもスポットがあたることができる。なので、一回一回の攻防で。オカダカズチカの攻撃『レインメーカー』→内藤哲也80ダメージ!何とか受けきった!カウント2.99秒!。内藤哲也の攻撃『デスティーノ』→オカダカズチカ100ダメージ!3カウント入り内藤哲也の勝利!みたいなかんじで、ポケモンスタジアムみたいにバトルが進む。あの技ヤバイけど、あれを受けきるあいつもヤバくね?みたいな価値観、良くない?。僕もプロレスごっこでみんなの技受けきりたい。

 

・魅力的なレスラー達

日本語ペラペラだけどヒールだから英語しか話さないレスラー、昔は正統派ベビーフェイスだったけど会社への鬱憤が溜まりすぎてトランキーロなレスラー、世界で一人しかできない技を持ってるレスラー、金属アレルギーだけど鎖を首に巻いているレスラー、世界一性格の悪いレスラー、デスマッチしかやらないクレイジーなレスラー、ゲイレスラー、いろんな魅力あるレスラーがいるんですわ、その中で生きざまや考え方が好きーっていうレスラーを応援するもよし、イケメンでカッコいいから好きーって応援するもよし、自分が好きなレスラーを勝手に応援してください。んで、そんな奴らがそれぞれユニットを組んでいたりする。ユニットとカッコよく言っているけど、学生時代と同じように気の合うやつの集団みたいなもん。外国人ばかりのBULLET CLUB、ちょっと不良だけどスポーツもできるしイケメンのCHAOS、明るくクラスを盛り上げるタグチジャパン、他校にも喧嘩を仕掛ける鈴木軍とかまあ色々ある。んでユニット同士の戦いとかを繰り広げたりする。このユニット抗争っていうのもプロレスファンを飽きさせない大きな要因になっている。この後どうなるんだろうとか、こいつとこいつが戦ったらどうなるんだろうとかそういうコトを想像するのもプロレスの楽しみであり、内藤哲也の言い方をすると『プロレスファンにとって贅沢な時間』なのである

 

この前、新日本プロレスG1クライマックス最終日で、硬膜下出血で4月から欠場していた柴田勝頼が久々に公の舞台に出て来て生存報告をしたんだけど、入場曲がかかった瞬間会場全体が盛り上がって、バレットクラブのTシャツを着た人も、ロスインゴのキャップを被った人も全員嬉しそうな顔で柴田を迎えたのが非常に印象的だった。プロレスファンは贔屓のユニットや選手がそれぞれいるけど、根本はみんなプロレスラーをリスペクトしているのがとても素敵。

www.youtube.com

 

・一回実際に観に行って!!

プロレスが好きって公言してると、こう言われることがあるんですよ『あれってヤラセなんでしょ??』って。そういうコトじゃねえんだよ、そういうコトじゃねえんだよプロレスって、一回プロレスを生で観戦してごらんなさい。そんなこと言えなくなるから。キムタクのCMで「世の中には2種類の人間がいる、開いているヤツと、閉じているヤツ」っていうのがあったんだけど、そういうこと言うやつはだいたい閉じているヤツ。体育祭とかあっても汗臭えとか、バラエティをみればくだらないとか。プロレスを見るようになって物の楽しみ方と言うか、開き方がわかった気がする。

www.youtube.com

 

 

・プロレスの入り口に

『有田と週刊プロレスと』

プロレスが少しでも気になる人はAmazonプライムビデオで有田と週刊プロレスとを観てください。くりぃむの有田が、プロレス初心者のゲストにプロレスを解説するという番組なのですが、昭和プロレスの話題が多いですが有田の軽妙なトークでプロレスの面白さとか歴史、当時の空気感が学べます。

www.amazon.co.jp

くりいむしちゅーのANN』

僕は学生時代からくりいむしちゅーのANNが大好きで、終わった今でも毎日聞いているんだけど、YouTubeにプロレス話のまとめがあったので是非聞いてみてください。そしてここからくりいむしちゅーのANNにどっぷりハマっていって下さい。

www.youtube.com

 世の中色々な娯楽があってその中からお金を払ってプロレスを観に行くって結構ハードルが高い行為ではあると思う。一人では中々見に行くのは難しいと思うけど、友達と一緒に遊ぶ時などに選択肢のひとつとして入れてほしい。みんな、プロレス行こうぜ!!