こんな夢を見た。

昨日見た夢の話。夢日記。

気分はもう世紀末

マイケル・ジャクソンのライブを待っていたら、不良に股の辺りを刺されてズボンが破れた。焦って逃げたら追いかけてきて、あやしいおっさんがいるガレージに逃げ込む。おっさんに助けを頼んだら。娘を守ったら助けてやると言われ、市民プールみたいなところに来る。護衛していたら不良がめっちゃ襲ってきた。気づいたら私は喫煙所で一服していた。そしたらおっさんがアーマードハイエースで助けに来てくれて、僕も走って逃げたらサウザーのバイクみたいなのがあってそれに乗って逃げる夢。

 

ーーーーーー

夢で結構あるのが急な場面転換。この夢でも市民プールで娘を護衛していたはずなのに気づいたら一服していた。実は夢の中では複数人自分が存在しているのではないだろうか。または核となる人格がいて、そいつの塩梅でテレビ番組みたいに1カメから4カメに切り替えみたいなことをやっているのだろうか。夢の中では不思議に思わないけど実際文字に起こすとすごく不自然である。ちなみにアーマードハイエースネウロでお馴染み松井優征先生の読み切り【離婚調停(魔人探偵脳噛ネウロ』23巻に収録)】に出で来るので是非読んでください。