こんな夢を見た。

昨日見た夢の話。夢日記。

入院して、親知らず抜いた時の話

ものすごく歯が痛くて犬歯の横の平べったい歯がぐらぐらする夢。

 

ーーーーーー

歯に関する夢を見たので歯に関連した話を

 

今まで色々な「初体験」を経験してきたけど、去年初めて入院する事になった。

私は中学校までの9年間風邪もひかず1日も学校を休んだこともないほどの超健康優良児だった。そんな金田よろしく、私が入院した原因は親知らずだった。

もともと親知らずの存在は気づいていたが、なんとなく無視していたら親知らずと隣の歯の接触面がうまく磨けていなかったみたいで、虫歯になってしまった。

 

とりあえず歯医者に行ったのだけど、どうやら歯医者では抜けないようだった。事前に友人や職場の人に聞いたらその場で抜いてもらえると高を括っていたのだが、小顔でキュートな私の顔面は顎が小さく、下の親知らずは神経が近くに有り真横にはえていて、上の親知らずは抜くと鼻腔と繋がってしまうとのことだ。

後に口腔外科の先生が「そのままジュース飲むと鼻から出てくるよ」と陽気に言ってくれたのが妙に頭に残っている。

 

初めての入院に対して海外旅行に行くような、ワクワク感があった。そんな初体験に対して私がした行動は、手塚治虫火の鳥を準備することだった。未来編と迷ったのだけど私は鳳凰編をチョイスした。

なんで?と思う人もいるかもしれないが、私は人生の句読点に火の鳥を読むことで人生を振り返ることにしている。というのは、建前で本音は「入院している時火の鳥読むってなんかかっこよくない?」と思ってしまったからだ。誰に対してカッコよく思われたいのかも謎である。

 

いよいよ入院の日がやってきた。

朝9時に病院へ行き説明を受け、実際に手術をするのは15時からだった。火の鳥を読むには十分すぎる時間だ。生まれながらにして厳しい重荷を背負い、それでも仏師として人生を切り拓いていく我王と、茜丸の中の罪の心と少しずつズレていく人生。何度読んでもやっぱり素晴らしい、人生とは、善とは、悪とは、そういういろいろな有象無象も、、、、3時間で読み終わりました。もう端から端までびっちり読んだけど3時間で読み終わりました。一回読んだらメッチャ疲れたし、人生とか大したこと考えられん。

そこから手術まではテレビでワイドショーを観てました。テレビマジ偉大。文明最高。

 

この時の手術は静脈麻酔を使い、右側上下の親知らずを抜歯する手術だった。詳しく言うと、右下の親知らずは歯茎の中で歯をぶった切り、小さくしてから取り出す手術、右上は歯を抜いたら周りの歯茎を切り取り抜いたときできる穴を覆うという手術だった。何故右側だけなのかと言うと、下側右左とか一気に抜いちゃうと喉が腫れて気道が塞がって呼吸がしづらくなってしまうため右側の手術と左側の手術で分けるらしい。

これからも空気を吸って火の鳥を読みたいので快く快諾した。

 

勘のいい人は気づいたと思うが実は2回入院している。この手術の4か月後に再度入院した。ちなみにその時は、藤子・F・不二雄異色短編集を持って行った。もちろん理由は「カッコいい」と思ったからだ。

 

かくして、私は手術へ向かうわけだが、やはり実際にやってみないと分からないことがたくさんある。

手術前に今回行う手術の概要を聞かされ、もしものことがあったらと言う感じの書類にもサインさせられる。その時、手術室に行ったら助手に「今日はどんな手術ですか?」と聞かれるのでその時は「右下顎水平埋伏智抜歯、右上顎智歯抜歯瘻孔閉鎖術って答えてね」とレクチャーされる。覚えられるか!!なんだその妖術の名は!こちとら邪王炎殺黒龍波を覚えるのでやっとだ!と心の中で叫びつつ「わかりました!」とキメ顔で言っておいた。

 

いよいよ手術室に向かうとアシスタントみたいな人に「今日はどんな手術ですか?」

来た!あの質問だ!進研ゼミでやったヤツだ!と思いつつも「右側の上と下の親知らず抜きます」と赤点ギリギリの回答をすると、「ここからはメガネを外してください」と冷たくあしらわれた。アシスタントに連れられ手術へ入ると手術台とUFOみたいなでっかいライトが私を待ち受けていた。

「わーテレビで見たのと一緒だー!」と糞しょうもない感想を胸に秘めつつ耳を傾けると音楽が流れていた。May J.だ。いや正確には助手が「May J.デカすぎ、音下げますねー」とDJ、いや担当医に言っていたので間違いない。とりあえずslipknotじゃなくて安心した。担当医がslipknotなんか流していた時は歯茎ごと持っていかれてそのままマスクにされる可能性があるからだ。

 

いざ手術台に乗せられると手足を手術台に括り付けられる、落下防止だろう。ついでに目にも絆創膏をつけられる、恐怖感を少なくさせるためだろう。テレビで見たことある、罠にかかった猪は目を隠すことで恐怖感を無くし、それから息の根を止めると。

まな板の鯉だ、これから料理される。殺られる。そう思った瞬間顔面を消毒液でビチャビチャにされた。想像以上のビチャビチャ。一瞬、おっちょこちょいの助手が間違えて顔の上で容器落としたかな?と、思うくらい。目に絆創膏を貼っていてよかった。

口が閉まらないようジャッキを噛ませられる・・・

ここで意識が飛んだ。普通ならば目が覚めるとそこはベットの上で・・・みたいな展開になると思うのだけれど私はそうはいかなかった。

手術の途中で意識が戻ってしまったのだ。

下の歯をグリグリほじくって血まみれの時、私の意識は戻り声には出さなかったが「うううあうあうー」と口をモガモガしようとしたら担当医が「ん?」と何かを感じ取り「麻酔もっと増やしてー」とまさかの増量を宣言した。麺大盛り麻酔マシマシでとコールしたのだ。出血大サービスだ。

 

そこから再び意識は飛び、ちょうどベットごと部屋に輸送され、到着したとたん戻った。麻酔効いていたのか変なテンションになっていた。多分普通の人はそのまま眠りにつくのだろうけど、初入院でキマりまくっている私は自撮りをしまくった。初セルフィー!インスタ映えもバッチリ!

口が半開きで目の焦点が合っていないけど!

 

その後は想像どうり滅茶苦茶腫れて、3か月くらいは麻痺して唇の感覚がなかったです。

 

 

 

 

 

紗倉まなに会った

こんな夢を見た。

 

その日は女の憎悪を敷き詰めた様な灰色の空で、今にも泣きだしそうだった。

サッカーをやっていたカモシカの様な足の筋肉を「これでもか」と強調するような黒いスキニーを履き、いそいそとその場へ向かう。

扉を開くと、若い女が鍋を取り分けるのを止め、

「遅かったじゃーん」と私に向かって言う。

どうやら、私はこの集団の一員らしい

「ごめん、途中で道に迷って」

呼吸をするように嘘をつく私に、隣にいた黒縁メガネが

「はい、うそー」

と親しげにツッコんでくる。

嘘笑いしながら、席に着き周りを見渡すとようやく知っている人がいた。

知っているけど知らないような、ただ毎晩毎晩あっている様な。

紗倉まなだ。

「うおおおおおおおおおおおおおい」

心の中でガッツポーズをした私のテンションは、まるでfantasistaを唄っているKJだ

悟られてはいけない、ただそれとなくいい男を演出して好意を持たれなければ、

「グラス空いてるよ、次何飲む」

私はさりげなく気を使える男になり、目の前の女神以外には目もくれず会話を続ける。

「まなちゃんはさー」

ガタッ

 

誰かがツモったのだろうか、急に場の空気は凍り

私も音のする方へ顔を向けてみると、女が立っていた。

全身の血を抜かれた様な、真っ白で不健康そうな肌色。

真っすぐと私を見つめ、意味ありげに笑う。

見たことある顔だ、でもAV女優では無い。

「誰だっけ、誰だっけ、誰だっけ、」

必死に頭を回転させ考える私に、彼女は小声でブツブツと喋りながら鞄をあさり、再び私に顔を向ける。

「誰だっけ、誰だっけ、誰だっけ、」

手には、いつも母親が台所でキャベツを切っているアレが握られている。

さっきまで鍋をつついていた陽気な集団は誰一人いなくなっている。

気付けば目の前にいる彼女を前に私は、

「誰だっけ、誰だっけ、誰だっけ、」

考えれば考えるほど思い出せない。

真顔で刃を振り上げる彼女に私は呆然と立ち尽くす。

グサリッ

体内に金属が入ってくる感触が左わき腹に伝わる

「いったーーーーーーーーーーーーくはない、、」

痛くはないのだ。

黒ひげ危機一髪と勘違いしているのだろうか、私に何度も刃を突き立てる。

痛くはない、ただ次第に脚に力が入らず前のめりに倒れる私はハッっと思い出す。

「コイツ中学の時同級生だった、まさみじゃん」

 

 

と言う夢。

 

ーーーーーー

何となくいつもと違った書き方で、出来るだけ物語っぽくしてみました

いつもの通りの原文は以下になります

 

合コンみたいなのに行ったら紗倉まなとかAV女優が数人いたのでテンション上がっていたら同級生がいきなり鞄から包丁出して襲われて刺された夢。

 

 

 

 

 

 

現金って必要??

500円貯金の財団に加入して、すげーメカをてに入れる。んで秋田にいってプラントを見に行ったら、課長に何でもメモを取れみたいなことを言われた。無視した。場面かわって人形の幼稚園みたいなところでクラス分けをしていた夢。

 

ーーーーーー

資産運用とかよくわからんけど、唯一やってるのが500円玉貯金。

多分5年くらいで30万くらいは貯めてるのよ、そのせいで今までコンビニとかでは電子マネーを使ってなかったんだけど、つい最近ついに手を出してしまった。便利。糞便利。で、思ったんだけど、もう現金ってそんないらいの?普通の買い物は電子マネーで大体できるし、大きい買い物とかネット通販はカードで払えばいいし、この先現金必要なくなるんじゃない??

尖がり過ぎ

範馬勇次郎に追いかけられて逃げる夢。

 

ーーーーーー

こわっっ、尖がり過ぎだっつーの勇次郎ォォォォ!!

夢占い

腰を痛めたので病院に向かおうとしたら道路が凄く混んでいて運転手が、最近のマックは美味いとか、ピザーラが不味いとかどうでもいい話 をされた、病院に着いたら視力検査とかやらされて帰ったら兄が凄くキレていた。もう一回病院に歩いて向おうとしたら道が分からず、とりあえずバスに乗ったら知り合いがメッチャいて、途中にあった海にバスごとダイブする夢。

 

ーーーーーー

最後、海にざっぱーんと高いところから飛び込んで、必死に海面に顔を出そうとしてもがくってのは私の夢の中でよくあることなんですわ。これはなんなの?社会でもがく自分の姿を投影しているの?

気になって調べてみたら、水に入る夢自体はいい夢らしい。新たなスタートを示してるんだと。

夢でそんなことわかるのだろうか?あくまで夢は今までの蓄積の整理と思ってるので、未来のことを占うことはあまり信じられない。

「めちゃイケ」が終わるらしい。

芸人が一軒家を借りてハチャメチャなドッキリを仕掛ける企画を一緒にやっていた、ベットをぶった切ったり、トイレぶっ壊したり、そんでケンコバの実家に行ってトイレを借りたら近くの体育館に繋がっていた。中でプロレスをやっていたんだけど、謎のモンスターが現れたのでドラッグオンドラグーンみたいに竜にのって敵を倒していった、残り3匹になったところで全然攻撃があたらなくなって、なんか気持ちが萎えた夢。

 

ーーーーーー

めちゃイケ」が終わるらしい。最近「いいとも!」がおわったりSMAPが解散したり、自分が子供のころからあった物がどんどん無くなって行く。

特別めちゃイケが好きなわけではないし、最近は全然観てなかったけど、それでも子供のころから当たり前のようにあったものが無くなっていくのは悲しいもんだ。

この先テレビと言う媒体は衰退していってしまうのだろうか。インターネットが発達したおかげで、自分の好きな時間に自分の好きな動画を見たり、音楽を聴けるようになって来た。自分が面白いと思うものが無かったら自分で番組だって作れるわけだし。その分面白いかどうかも分からないテレビに割く時間は大分減ると思う。

私が学生の頃の休み時間は「昨日あれ観た?」って話題だけで盛り上がっていたのに、今はそうじゃないのかな。学校でスマホの動画見ながらワイワイできるんだもん。そしたらリアルタイムで感情を共有出来るわけだし。学校から帰ってもlineで動画を共有できるんだからテレビなんて必要なくなってくるよ。

これから産まれてくる子供たちは「いいとも!」もSMAPも知らないんだもん、「~してくれるかな?」「いいとも!」って言うやり取りとかできないし、テレビで中居とかキムタクとか出ても元SMAPになっちゃうんだもん。そういう国民全体の共通言語みたいなのが少しずつ失われて行って色んな番組とか芸能人がいなくなったら少し寂しいな。

私の夢のひとつに子供と一緒にクレヨンしんちゃんの映画観に行くっていうのがあるので。その時までは終わってほしくないな。

悪口を思いっきり言いたい

移動教室からかえってきたら、ほかの奴らがまだグラウンドでサッカーしてて、3対1で負けてたチームが残り5分で3点入れて逆転してた夢。

 

ーーーーーー

普段は人のこと馬鹿にしたり、罵倒しないようにしているのだけどたまに人の悪口だけを言い合う飲み会をやりたくなる。人を思いっきり罵倒したい。

と、言うのもこの前合コンしたんだけど、サッカーの話が出たんですよ。

僕の正面に座ったブ、、、女が「私、サッカーすきー、Jリーグヤバーイ、浦和サイコー、あんたわー?」みたいなこと言われたので僕は「Jリーグはそんなに観ないなー、ヨーロッパのサッカーは観るけど」と言ったら「うわー、そういうヤツいるわー」って言われたんですよ。

その場はそこで会話が流れて終わったのだけど、僕は静かにキレていた。