こんな夢を見た。

昨日見た夢の話。

牛が好き

もう少しで焼肉が食べれそうだった夢。

 

ーーーーーー

大人になって、焼肉よりもステーキの方が好きなことに気付いた。ステーキって子供の頃全然食わなかった気がする。焼肉よりも肉食ってる感があるし、肉を切る作業もたまらん。一人暮らしをしていると自分の好きなものばっかり買うので実家で暮らしていた頃には気が付かなかった新たな発見がある。牛乳メッチャ好き。一時期、馬鹿みたいに飲んでいたので計ったら1週間で10リットル飲んでた。今は、コアラのマーチにはまってます。

主演:櫻井翔

自分の夢の上映会をやっていたら、前の席に堺雅人、自分が座ってる一番左の席に関根麻里がいた。上映後、自分が司会の番組をやることになったので、隣の人に前説はバナナマンがいい!とバナナマンの良さを力説していたら、コンビニでバナナマンの二人と遭遇して、ありがとねーと設楽が声をかけてくれた、あと満面の笑みの日村が後ろにいた夢。

 

ーーーーーー

その昔、黒澤明が自身の見た夢をもとに映画を撮ったらしいです。そんな、ストーリー性のある夢なんか見ねえよと思いつつ、もしかしたら、と考えてしまう。あと、僕の夢を映画化する際は主演に櫻井翔をお願いします。

カタクリコ

未来を調べられるパソコンで、同級生と今何やってるかを予想しながら飲んでた。そしたら、同じ小学校で野球部のキャプテンだったやつが、すんげー偉そうに語っていたのでチャチャを入れたらそいつが、『こんなに偉そうに語ってるけど看護師なんだぜ』って言いだして、何とも言えない気持ちになる夢。

 

ーーーーーー

なんだかドラえもんの秘密道具にありそうなパソコン。普通にこの飲み会やりたいし、今、何やってるか気になる人も数人はいる。ただ、みんな普通の会社員なんだろうなー、

解脱

一回しかあったことない人といきなり結婚して、相手の性格を探り探り知ろうとする夢。

 

ーーーーーー

周りの友人がどんどん結婚していきます。26歳だし、実家に帰ったら色々言われます。将来のコトとかあんま考えてないし、彼女もいないから私にはピンと来ません。

バガボンドの中で武蔵に敗れた辻風黄平が死に際に『殺し合いの螺旋から 俺は降りる』って言ったんですよ、僕もこの恋愛の螺旋から早く抜け出したいです。とりあえず、誰かいい子紹介してー!!

南ボッキーナ改め東ボッキーナ

自分の部屋でパソコンでエロサイトを巡回していたら南明奈のエロ動画をみつけメッチャ興奮する。なぜか部屋に友達がいて、こいつら帰ったら絶対見ようと考えていたら、パッ!と目が覚めて夢だったのに気づく速攻パソコンを立ち上げて『南明奈 AV』で検索してもメッチャブスのAVしか出てこなくて必死に探していたら隣にいた友人が、外メッチャやべえみたいなこと言い出して見に行ったら、星が地球に降って来ていてマジでやばかった。降ってきた星が自分の部屋に墜落して家が燃え出した。ヤバイ、パソコンの画面、『南明奈 AV』で検索したまんまだったと思い出して、焦って部屋に戻る夢。

 

ーーーーーー

これも、夢から覚めたと思ったら夢の中だったパターン。ホントに夢から覚めたら『南明奈 AV』で検索した。そしたら南明奈アイコラが出てきた。よくよく考えたら南明奈全然好きじゃないのになんで検索したんだろう。夢の中に出てきた人ってなんか気になるよね。『南明奈 AV』で検索したまんまだったと思い出して、焦って部屋に戻るってトコロすげえ自分らしい。車屋に車預けるときとか音楽をあえてTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTにしてカッコいい人感を出すもん。普段、ミッシェル聞いてるってめっちゃかっこよくない??

www.youtube.com

 

どっち?

寝ていて、うっすら起きたら窓が開いていて、寒いから閉めようと思ったら体が一切動かなかった、携帯のバイブが鳴り始めて焦って、ハッ!となったらそれが夢で起きたら窓も閉まっていた。

 

ーーーーーー

えっ、夢?現実?えっ、どっち?どっちー、

友達100人できるかな

あと2時間で卒業式なのに学校で暇になって、イトダイとさまよっていたらプロレスラーがいて鬼ごっこをしていたら、すげー怒られた夢。

 

ーーーーーー

結構学生時代の夢を見る事が多い。特に中学時代の夢を見るんだけどやっぱり人生の中で楽しかった記憶が多いからなのだろうか。

このイトダイっていうヤツは今で言うオタクみたいな感じだったんだけど、小学4年生のある日、当時の担任(恐い女の先生)に呼び出されてイトダイの家に迎えに行って一緒に学校に来ることを命じられた。当時は登校のルートにイトダイの家があるから別にいいか、くらいにしか考えていなかった。それ以前のイトダイは登校拒否みたいな感じで学校をたびたび休んでいた。今考えると、学校に来させるために担任が考えた策だったのだろう。イトダイと一緒に学校に行くようになってから当然仲が良くなって小学生の時は結構2人で遊んだりもした。イトダイは2000年位の時代には珍しく小学生でパソコンに対する知識が半端なかった。2人で遊んでる時もイトダイがパソコンをやっている後ろから私がのぞき込んで色々教えてもらうことが多かった。2chとかネットゲームとか。中学に入ってから一緒に登校する事は続けていたのだが会話も減り、何となく関係が疎遠になっていった。高校は僕は実家から一番近い高校、イトダイは県内一の進学校へ別々の学校に行った。イトダイの高校時代、大学、就職の情報は母親からたまに聞くのだけれども本人には中学卒業以来もう10年近く会っていない。

最近『友達100人できるかな』という漫画を読んだ。

主人公(学校の先生)が小学3年生に戻り、友達100人できなかったら地球滅亡っていう漫画なんだけど、1人1人のエピソードが滅茶滅茶泣けて読んだ後には涙でボロボロになる。読んだら、僕も小学校時代の事を振り返りたくなった。あの時の友達とあの時の感じで遊んで、そういう懐かしい思いも感じさせてくれる最高に最高の漫画。

ふと、あの時一緒に登校することを拒否していたらどうなっていたんだろうと考えることがある。多分、他の生徒と一緒に登校することを命ぜられていただけだろうと思うのだけど、僕はイトダイの人生に少なからず影響したのかなと。少なくとも僕の人生には大きな影響を与えていて、こうして漫画を読んだり、ネットをやっていたりすると想い出したりする。イトダイ今何してっかな。

 

友達100人できるかな 1 (FUNUKE LABEL)