こんな夢を見た。

昨日見た夢の話。夢日記。

独裁国家バルバノバトス【夢日記】

在校生を喜ばせるためにサプライズでアーティストを呼んだ。

GLAYのテルとか、ゆずの北川とか果てにはマイケル・ジャクソンとか。

僕は櫻井翔と友達と学校のいろんなところを廻って女子高生を驚かせていた。

そろそろ引き上げ時になったとき、学校の地下に何か有ると言う情報を聞きつけて向かって見ると、大きな穴があった。

みんな中に入っていくので、ついていったら洞窟みたいになっていて、抜けると草原に出た。

草原でサッカーをしていたので話しかけて見ると、全く言葉が通じない。

高校生に話しかけて事情を聞くと、ここは、バルバノバトスと言う国らしい。

グルグルと言う青年に話を聞くと、バルバノバトスは独裁国家だが、非常に幸せに暮らしており、資源は日本の地下にある資源を盗んでいるらしい。

時間が経ちすぎたので、地上に戻り、通ってきた道を振り返ると穴がなくなっていた。これはおかしいと、ネットで調べると案外普通にバルバノバトスの情報が出て来て、九州の地下に国があるらしい。

車でバルバノバトスを目指して向かうと、以外と遠く、途中にある一軒家みたいな宿泊施設に止まると、僕ら以外に女子高生グループが泊まっていたので、どうにかして女子高生と遊びたかったので頑張って近づこうとするが管理人に妨害されて、結局会えなかった夢。

トラックの荷台には巨乳がいて【夢日記】

「じゃあ、解散」

ってことで 帰ることなったんだけど、何処に帰ればいいかわからなくて、先輩に聞いたらあっちだよ、と、離島を指差した。

とりあえず着いていってみるか、と後ついていったらバス乗り場だった。

満員だったので仕方なく、先輩と別のバスに乗った。

しばらく走ってたら大型ショッピングセンターを通りすぎて、ここで止まればよかったのになあと思っていたら、先輩からアイドルの写真が送られて来て、

「いや、それよりも何処で降りんねん」と、

心配になって降りたら山小屋みたいなところだった。

とりあえず寝床とか探してたら、女の子が数人手洗い場で立ちションしていて、うわー、とビックリした、とりあえず近くにあったトラックの荷台に乗ったら巨乳の女がいたので揉みしだいた夢。

バナナマンが好き。あと、東京03も【夢日記】

バナナマンの二人と岐阜にある、昔のオモチャがぐっさり売っているところに行って、昔のオモチャを懐かしがっていたら、日村さんがバトエン持ち出して勝負する夢。

 

ーーーーーー

バナナ炎のDVD全巻持ってるくらいバナナマン好きなんだけど

何か知らんけどこの動画は毎日見てる気がする

www.youtube.com

 

あとこのコントは本当に凄いので見てほしい

www.youtube.com

偉大なる航路【夢日記】

麦わら海賊団の一味として洞窟の列車で試練に立ち向かっていた。

インドの電車みたいにどんどん列車の屋根に人が乗ってくるので、どんどん蹴落として、洞窟を抜けたらルフィが、さぁ行くぞ〜とルフィっぽいこと言ってた。

洞窟のむかえにスーパーがあったので入ってみたら蒸し海老が床に点々とあって、僕は遊戯王のカードパックを大量に購入して、会計しようとおもった夢。

 

ーーーーーー

お気に入りのTシャツは毎日でも着たいのに、毎日着ると傷んでしまうの困っちゃうな。

好きな人が全然面白くなかったら【夢日記】

すき家に行ったら駐車場が狭くてビックリした。

なんとか車止めてすき家で牛丼食った帰り道歩いていたら、

向かいから歩いてきたオバサンが日本刀持って襲ってきた。

斬られると思った瞬間に後ろから走ってきたカッコいいお兄さんがキックで日本刀を折って撃退してくれた夢。

 

ーーーーーー

自分が学生の時SNSとかがまだ流行ってなかったんだけど、もしあの時10代の頃、tiktokが流行っていて、好きな人がクソしょーもない動画を上げてたら一瞬で冷めると思う。

夏はパンツ一丁を正装とする【夢日記】

会社に行ったら自分のデスクが無くなっていて、マジか、と思ったら自分のロッカーも無くてなんかイラついてパンツ一丁でいたら、名刺交換したいと訪問があったのだけれど、名刺がねえ、と思った夢。

 

ーーーーーーー

毎が来る度に思うけど、「夏、暑すぎ」

再会の味は五目ラーメン【夢日記】

GLAYのドラムとして、リハーサルをしていた。

なぜかXJAPANの紅をみんなでやり初めて、僕は何となく叩いている風でいた。
リハーサルが終わって代わりのドラムとして同級生が来た。

久しぶりに会ったので五目ラーメン食いにいく夢。

 

ーーーーーー

バチェラージャパン、シーズン2最終話見終わりました。

一人で見ても面白いんだけど、この番組はみんなでワイワイ言い合いながら見たいなーと思いました。